UiBot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: 事例 > 金融と銀行 > 日本の金融業界におけるRPAアプリケーションシナリオ
日本の金融業界におけるRPAアプリケーションシナリオ

現在日本企業のRPA導入率

MM総合研究所の調査によると、年間売上高50億円以上の日本企業の約32%がRPAシステムを導入しています。


企業規模から見ると、年間売上高が1,000億円以上の企業は39%を、年間売上高が1,000億円未満の企業は27%を占め、中小企業がまだ普及段階にあります。


業界状況から見ると、金融業界が44%を占めており、近年、製造業界および不動産業界のシステムバックオフィス業務でもRPAが使用されています。


すでにRPAを導入している企業のうちの59%は導入の結果に満足しており、79%は将来、AIとRPAの組み合わせができたら、RPAへの投資をさらに増やすことを望んでいます。


金融業界におけるRPA導入の実例

金融業界では、ステレオタイプ化されたビジネスが多く、ミスを犯すことさえ許されないため、RPAは金融業界に非常に高い適用性と親和性を持っています。他の業界と比較して「最初のカニ食い」として、金融業界はRPAを導入した最初の企業です。

A銀行

三菱UFJ銀行は、金融業界にRPAを導入した最初の企業です。2013年以来、三菱UFJ銀行は自動化を実装し始め、2014年にRPAを導入し、住宅ローンのグループ信用保険申告書の点検業務を改善対象とし、2,500時間の業務量を削減し、2015年春に大規模にRPAを導入し始めました。

昨年まで、2,000を超える業務プロセスRPAの自動化が実現され、合計20,000時間の作業が削減されました。

B銀行

この会社はAIとRPAへの投資が非常に多く、すべての従業員はRPAを介して自らのステレオタイプ化された業務の自動化を積極的に実現させています。私たちは自分の仕事をするほかに、プログラミングが苦手な相手が抱いている問題を解決する責任も背負っています。

B銀行は2016年にRPAの導入テストをし始めました。2018年、1,000台のRPAロボットが実行に成功し、高速自動化を実現しました。

営業部門から金融商材部門に至るまで、貸付融資部門などさまざまな部門がRPA導入の対象です。

例えば、営業部門が一日の仕事を始める前に、RPAロボットは当日に顧客を訪問するために必要な情報と報告を自動的に生成し、顧客に関連する製品情報を事前に収集します。

これまで、三井住友銀行はRPAを導入することで40万時間の労働時間を削減し、更に2020年3月までに300万時間の労働時間を削減する目標を設定しました。

C銀行株式会社

C銀行は、2016年から、RPA導入テストを繰り返して実施しており、2018年に正式に導入し始めました。

C銀行は、人事、行政、財務、法務、および従業員の周りの自動化できるすべての業務をRPAの改善対象とみなし、同時に「ワーキングモード改革」を推進しています。

例えば、振込依頼の業務を処理する時、500万部の依頼書の内容を確認してから手動で処理する必要があり、非常に煩雑です。

RPAのAIとOCRの結合技術を使用することにより、依頼書の読み取りから手動処理まで、すべて自動化の実現に成功しました。銀行内部は、AI、OCR、RPAの組み合わせによる業務改善計画を「AORソリューション」と呼ばれており、このソリューションにより、手動処理のタスクの80%が削減されることが期待されています。

損害保険日本D株式会社

損害保険分野から見ると、この会社は日本最大の損害保険会社です。幸運なことに、筆者は船舶保険システムを修復するために半年以上この現場で作業したことがあります。当時、筆者に配ったボロボロなコンピューターのことを思い出すと、依然として長引く悪夢のようです。

2017年、この会社は高付加価値の業務工数を削減し、生産性を向上させるために、RPA導入テストを実施しました。2018年に正式にRPAを導入し始めました。

2018年6月、大阪北部の地震と西日本での豪雨災害の影響を受け、保険支払い業務は非常に多くなりました。RPAは、顧客対応文書と契約情報の印刷に大きな役割を果たしました。それにより、2018年だけで、38,000時間の事務関連の仕事が削減されました。

E銀行株式会社

E銀行の本社は日本の千葉県にあり、三つの支社は東京にあります。E銀行は典型的な日本地方銀行です。

E銀行は2018年にRPA推進グループを設立し、主に住宅ローンの審査業務に使用されています。

RPAを導入する前に、顧客の個人情報はすべて手動で入力されていたため、1件あたり平均40〜60分かかりました。RPAを導入した後、1件あたりの時間は元の半分になりました。更に、労働時間が短縮されたため、E銀行はより多くの従業員を販売およびコンサルティングサービスの仕事に派遣しました。

E銀行はRPA業務を拡大する方針を確立し、2019年に5,300時間の労働時間の削減を目指していました。


RPAは、業務効率を向上させる改革であれば、社内の労働意識の改革でもあります。自動化を完成する前に、まずは業務の標準化を実現すべきです。

RPAの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始