UiBot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: 事例 > 物流と不動産 > 物流:RPAは物流会社の最適化プロセスをサポートしました
物流:RPAは物流会社の最適化プロセスをサポートしました

本社はスリランカにある国際的物流会社Aは、先進的な国際貨物運送代理業者で、第三者物流会社(3PL)です。会社は海、陸、航空の輸出入品、国際展示などの国際海運代理サービスを提供します。30年以上の開発にわたり、A会社は世界中の19の国と地域に全額出資支店を持ち、その代理店ネットワークは全世界をカバーしています。

物流業界のプロセス全体(注文から最終商品の配送まで)には、規則に基づく重複なタスクが多くあります。

業務プロセスを最適化し、物流コストを削減し、業界の競争力を向上させるために、A会社はすべての配送センターと自由港にRPAを導入して、当日に到着する物流サービスのサポートをすることを決めました。


RPA導入前

1.大量な貨物により、膨大な物流データが生成され、これには多くの人手と時間が必要で、コストが高くて、効率も低いです。

2.業務量が多い場合、従業員の手動操作は頻繁で忙しくなり、ミスを起こしやすくなります。

3.従業員の処理が遅れた場合、出荷の遅延、商品の未処理、顧客満足度の低下につながります。


RPA導入後

1.RPAを通して日々の業務を管理し、物流のプロセス全体を便利かつ迅速にさせ、運用効率と生産性を大幅に向上させ、商品の未処理状況が改善され、顧客体験が向上されます。

2.RPAは、従業員の代わりにあらゆるデータの情報を処理し、データ入力時間を45%を短縮しました。これにより、人為ミスが効果的に回避できただけでなく、人件費も節約できました。

3.RPAは従業員の作業負荷を軽減し、従業員がより価値のある重要なタスクで経験とスキルを活かせるようにし、従業員の仕事へのモチベーションと満足度を向上させました。


実施効果

RPAを導入することにより、A会社は製品セットにおける重複なプロセスを最適化し、物流効率を向上し、主要業務の開発を加速し、製品業務の価値を高めました。その結果、会社はスリランカで最もダイナミックな物流会社になりました。

特に注目したいのは、A会社のRPAロボットは完全に内部の従業員によって管理されており、専門のIT担当者がメンテナンスを行う必要がなく、一般人従業員でも操作することができます。

A会社の代表取締役は「自動化に向かって前進することは会社にとっての一里塚だけでなく、会社が進まなければならない一歩でもあります。RPAは、創造性、信頼性、タイムリーなサービスに対する当社のニーズを満足した上に、業界間の激しい競争における有利な立ち位置も獲得できました。」と述べています。

RPAの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始