UiBot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: 事例 > 物流と不動産 > 不動産:RPAによる資産管理のアップグレード方法
不動産:RPAによる資産管理のアップグレード方法

コミュニティーサービスの重要な部分として、不動産管理は就職確保、人々の生活改善、住民の消費促進などのことにおいては重要な役割を果たしてきました。


不動産管理業界の春

不動産市場でますます激化してきた競争の中で、不動産管理の重要性が徐々に浮び上げ、その優劣は、所有者が家宅を選んで購入する際に考える主要条件の一つになってきました。


物流管理の問題点を解決

物流管理は、本質的にはプロセス中心のサービスです。顧客の満足度とプロセスの適化度合は、物流管理の成功または失敗の鍵です。

物流管理プロセスには通常、さまざまなファイル管理、ドキュメント管理、調達と在庫管理、手順管理、アカウント処理などを含む大量なデータ処理が含まれます。多くの管理向けのシステムまたはソフトウェアが作成されましたが、それでも従業員による手動操作に依存し続けています。

手動操作では、不動産会社が高い人件費を支払う場合が多く、データの手動処理も効率が低くてミス率が高いなどの問題につながりやすいです。資産の状態をリアルタイムで効果的に把握することはできず、過去の顧客データを効果的に使用することもできず、パフォーマンスフィードバックは遅れています……

煩雑なバックオフィスの運用プロセスは、全体の生産性の低下と顧客の満足度を向上し難いことに関係し、最終的には市場競争力の不足につながります。


RPAは資産管理にどのように役立ちますか?

RPAは人間操作をシミュレートし、人の代わりに大量で重複な規則に基づくタスクを完成できます。

RPAロボットはコンピューターインターフェイスを利用してデータをキャプチャし、人間のようにさまざまなアプリケーションやシステムプラットフォームを操作し、そしてさまざまな重複タスクを実行するための応答解釈、トリガー、および他のシステム通信などができます。

「非侵入型」ソフトウェアの一つとして、RPAの導入と実施は、企業の元のITシステムに影響を与えません。

RPAを通じて、不動産管理会社はプロセスを自動化し、所要時間を短縮し、財務報告などの主要な業務プロセスの管理効率を向上させ、コストを節約し、人力を解放することができます。

RPAは、不動産管理者がさまざまなプロセスを管理するのに役立ちます。

1.所有者に払い戻し業務の提供

住宅所有者が過払いを返済する必要がある場合、通知は売掛金(AR)チームに転送されます。RPAは、ARチームが住宅所有者のアカウントの金額を確認および調整するのに役立ち、買掛金(AP)チームにリクエストを自動的に送信し、住宅所有者に支払いを行わせることにも役立ちます。

2.総勘定元帳調整用の共有銀行口座明細書

通常、異なる銀行から銀行取引明細書をダウンロードし、それらを総勘定元帳と比較および調整することは非常に煩雑なプロセスです。RPAは、ダウンロードした銀行取引明細書を調整用の共有ドライブまたは金融アプリケーションにアップロードすることにより、プロセスを簡素化させます。

3.クーポン管理

RPAは、新しい住宅所有者のクーポンを作成するのに役立ちます。決算チームは、計算チームにクーポンの生成を依頼します。RPAは、新しいリクエストの作成と処理をサポートする同時に、交換および払い戻しプロセスの促進もできます。

4.不動産管理者への総勘定元帳不一致の通知

RPAは、テンプレート内の総勘定元帳コードと予算を比較するのに役立ちます。不一致が発生した場合、つまり総勘定元帳コードがテンプレートに存在するが予算には存在しない場合、Excelワークシートで例外として強調表示して共有ドライブにアップロードするようにRPAに指示できます。

5.銀行口座情報の更新

銀行口座または口座名義人の名前が不動産管理会社の専用ツールに誤入力された場合、RPAは名前と口座番号を銀行取引明細書と比較して総勘定元帳に送信することによって修正できます。

6.間違った支払振替の修正

間違った口座に送金した場合、銀行チームは売掛金(AR)チームに知らせます。RPAは、住宅所有者の元帳勘定の送金記録を確認します。送金が完了すると、仕訳と振替を行うように銀行に知らせます。

これらの方法で、RPAは優れた運営業績を不動産管理会社にもたらしました。

RPAのサポートにより、不動産会社は元の業務プロセスを最適化し、顧客満足度を向上させ、業務規模を拡大し、企業利益の増加を実現することができます。

RPAの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始